潰瘍性大腸炎
原因

近年増加傾向にあり、20歳前後の若年者に多い大腸粘膜の慢性の炎症だが原因は不明。免疫系の異常や近年の食生活が何らかの影響を与えていると考えられている。

自覚症状

腹痛を伴う水様下痢のあと、血液や粘液、うみの混じった非常に激しい下痢になる。症状が進むにつれて下痢の回数は増え、発熱も伴う。さらに重症になると食欲不振や脈が速くなるなどの全身症状がです。

治療

原因不明の病気のため、明確な治療法はないが安静、絶食または消化の良い食事など食事や生活習慣の改善が基本になる。また過労や精神的なストレスも避けるようにする。早期の適切な治療では比較的治りやすいが、重症になると入院が必要になり薬物療法をし、それでも治らない場合は病変部を切除する手術も必要になる。
また、再発を繰り返しやすい病気でもあるため注意が必要。

クローン病
原因

潰瘍性大腸炎に似ているが、潰瘍がさらに深く、大腸だけでなく食道・胃・小腸など消化器官全体にみられ、潰瘍性大腸炎よりも治りにくい。潰瘍性大腸炎と同じく明確な原因は不明だが機能異常を中心にした免疫系の障害が原因ではないかと考えられている。若年者に多い。

自覚症状

腹痛を伴う下痢、血の混じった下痢便のほか、発熱・栄養障害・貧血などの全身的な症状がみられる場合もある。潰瘍が大きくなると外部からもしこりが分かるようになる。また、クローン病が原因で肝臓や関節に障害がでることもある。

治療

潰瘍性大腸炎とほぼ同じ治療法がとられる。原因不明の病気のため、明確な治療法はないが安静、絶食または消化の良い食事など食事や生活習慣の改善が基本になる。また過労や精神的なストレスも避けるようにする。早期の適切な治療では比較的治りやすいが、重症になると入院が必要になり薬物療法をし、それでも治らない場合は病変部を切除する手術も必要になる。 また、再発を繰り返しやすい病気でもあるため注意が必要。

ホームに戻る