急性腸炎
原因

暴飲暴食、食中毒、病原体の感染、ストレス、薬物などが原因で腸に急性に炎症がおこる。その他にも不摂生が続いた事が原因の場合もある。

自覚症状

暴飲暴食・病原体の感染・薬物など、それぞれの原因により症状は多少異なるが、一般的には嘔吐、下痢、腹痛などが中心。暴飲暴食が原因の場合、胃もたれなどの症状があるようにそれぞれの原因により特有の症状もでてくる。

治療

治療も原因が何かによって異なってくる。暴飲暴食が原因の場合、食生活の改善を中心として胃や腸に負担をかけないようにする。消化が良く刺激の少ない食べ物を選ぶようにする。また、お腹を冷やさないようにして、安静にすることも大切。
病原体の感染が原因の場合は抗生物質の投与が中心、薬物が原因の場合は薬物投与を中止して、食事療法が中心になる。

過敏性腸症候群
原因

腸の構造組織にはまったく異常が無いにも関わらず、腸のぜんどう運動に異常が生じる症候群。主な原因は精神的ストレスや不安感、緊張などで、腸管を支配する自律神経のバランスが乱れることによりおこる。

自覚症状

腹痛を伴い下痢、便秘、下痢と便秘が交互におこるといった症状がでる。これらの場合は便を出せば腹痛はなくなる場合がほとんど。またその他に頭痛や肩こり、不眠などの自律神経失調症の症状を伴うことも多い。

治療

日常の精神的なストレス(不安感や緊張など)を取り除くのが一番だが、それが難しい場合は医療機関の心療内科での治療が適している場合が多い。また、全般的に生活習慣を改善することも必要。

ホームに戻る