ストレス
心理的・精神的ストレスは胃腸病に深く関与していると考えられます。この心理的・精神的ストレスが原因となって引き起こされる代表的な胃腸病としては急性胃・十二指腸潰瘍、過敏性腸症候群などがあげられます。もちろんストレスだけが原因とはいえませんが。

ストレスが胃潰瘍を引き起こすメカニズムは胃の中の攻撃因子と防御因子のバランスが崩れることが原因とみられています。これら胃の中の防御因子や攻撃因子は自律神経に支配・調節されています。この自律神経はストレスに影響されやすいために、さまざまな原因でストレスがたまると攻撃因子と防御因子のバランスが崩れることになるのです。その結果胃腸病が発生するのです。

現代社会においてストレスはたまりやすいと言えます。これは誰にでも言えることでこのストレスを解消することが必要です。人それぞれストレスの解消の仕方はあるかと思いますが、ここでは手軽にできるストレス解消方を少しご紹介します。

体操などの軽い運動
趣味を楽しむ
深呼吸をする
好きな音楽を聴く
睡眠を十分にとる
前向きな思考
などです。できるだけストレスをためない、またはストレスがたまっても自分なりに解消する生活習慣を身に付けることが胃腸に関わらず健康な生活を送る上での重要な点ではないでしょうか。

ホームに戻る