腹痛や胃炎など胃腸に関する病気は私たちにとってかなり身近で、多くの人々が悩まされている病気の一つです。
胃腸病にかかる原因は、ストレスや食生活、不規則な生活など様々な原因により引きおこされます。
このサイトではこの多くの方が悩まされている胃腸病について症状や原因などについて解説しています。 当サイトが胃腸病予防にお役立ていただければと思います。

口から入った食べ物は、消化器官において消化・吸収され、最後に残ったものが糞便として肛門から排泄されます。それまでの道のりは長く、口→食道→小腸→大腸→直腸→肛門となり、全長は約9mにもなります。この距離を口から入った食べ物は2~3日ほどの時間をかけて消化器官を通り、肛門から排泄されるのです。

消化器官である胃腸の主な役割は簡単に言うと人間が生きていくために必要なエネルギーや栄養を吸収することだといえます。また、有害な物質を体外に排泄することも非常に重要です。

しかし、これら消化器官は毎日大量の食物を消化・吸収しているため、トラブルも起こりやすいのです。食生活はもとより、精神的なストレスも深く関係し、様々な胃腸の病気に現代人は悩まされています。

元気な体を維持するためにまずは元気な胃腸です。胃腸の病気をあなどってはいけません。しっかり胃腸について勉強しましょう!

品川発の出張マッサージをご利用ください。
ホテルで気軽に呼べる出張リラクゼーションならここが便利